毎日の!

ゴカイ

 当事務所は、9階建てビルの9階に居を構えています。脚を鍛え、カロリー消費のために、一日一度、1階から階段を上がるのを目標にしていたのですが、あまり事務所にいないことが増えていつの間にかその習慣を忘れていました。

 昨日、本当に久しぶりに階段で上がってみたところ、「そろそろ5階かな」と思って壁の表示を見たら、もう7階!わたしの脚の筋肉と心肺機能も捨てたもんじゃない、と安心しました。

 ところが、今日もお弁当を買いに出た帰りに階段を使ったら、「もう7階かな」と思ったのに、まだ5階。脚力への自信は誤解だったようです。がっかり。ちゃんちゃん。

|

仮想通貨1万円分プレゼント!だって

 日曜日の昼下がりに、滅多に鳴らない自宅の固定電話の呼び出し音がしました。お喋りを楽しもうという女友達かと思って出たら、自動アナウンスの声が始まりました。

 「仮想通貨なんとか協会です。最後までアンケートにお答え頂いたら、仮想通貨一万円分を差し上げます」とのこと。胡散臭さで鼻が曲がりそうでしたが、社会勉強なので聞いてみることに。

 「ビットコインが昨年20倍値上がりしたことをご存じですか。ご存じなら『7』を押して下さい」ということなので、もちろん『7』を押します。

 「仮想通貨のなんとかは新規株式公開と同じだと知っていますか」「7」

 「仮想通貨に投資してみようと思いますか」「7」

 「最後までお答え頂き有り難うございました。一万円分の仮想通貨をプレゼントします。その方法についての説明は、お電話をご希望ですか、郵送をご希望ですか、必要ありませんか」と聞いてきました。なるほど、こうやって「カモ」の連絡先をゲットするんですね。まとわりつかれるのが鬱陶しいので、ここで「必要ありません」を選択しました。でも更なる探究心で、どんな書類を送ってくるのか、郵便でも送らせてみるべきだったでしょうか。きっと、一万円分の仮想通貨を貰うために、お金を振込んだりしなくっちゃいけないんでしょうねぇ。違うのかな?

 皆さん、「タダほど高い物はない」を毎朝3回唱えましょう。

|

日本の果物

 朝から目を疑いました!

 観光バスの駐車場前にある屋台の果物屋さん。シャインマスカット一房の値札に「7500円」とありました。ええっ、百貨店でももう少しは安く手に入るのでは?いつ仕入れたか分からないし、保管状態も???の代物にこの金額を出しちゃうのかな?少し足を伸ばしてデパ地下まで行った方がいいですよ、と声を掛けたくなりますね。

 ツーリストの皆さんは日本は物価が高いと刷り込まれて来日しているから、少々ギョッとする値段でも、「余程美味しいんやな」とか「せっかく来たんやし試しに買ってみよか」とかいう気持ちになるんでしょうか。 

 大体、露天では小銭で買えるような「気さくな」ものを扱ってるんじゃないの? 7500円って、一万円札を出さなきゃならないじゃないですか!これもインバウンドの効果なのか、時代は変わったのかなぁとも思いました。

 確かにわたしも旅先ではご多分に漏れず財布のひもが緩くなります。帰国して後悔したことは数知れず。香港でオーダーメイドして後日送ってきた靴は一度も履くことなくサヨナラしたことを思い出します。お上りさん以外の何者でもありません。

 シャインマスカット。余りにも美味しいですが、買ってもお土産に持ち帰ることもできないだろうに・・・ それに絶対デパ地下で買った方が美味しいって。

 などと思いながらも一句は浮かばず・・・

|

向日葵の花束

 清々しい気持ちで、2017年下半期に突入しました。まずは、荒れ放題だった家の中の片づけをして、出しっぱなしのあれやこれやを、あるべき場所に戻しました。雑多なものが視界から消えるだけで気分が変わりますね。まだ棚の上のほこりにまで手は回っていないし、網戸が汚いのが気になっていますが、ぼちぼち着手したいと思っています。
 それと言うのも、6年間続けてきたリーガルサポートの役員を任期満了退任して、心と時間に余裕ができたからなんです。
 
 今日は、向日葵をメインにしたフラワーアレンジメントをいただきました。リーガルサポートの女性会員から、退任祝いのようです。わたしなりに精力を注いで役目を果たす努力をしたので、このように労ってもらえると嬉しいものです。ありがたいです。
 
 その昔「ひまわり娘」という歌がありましたが、今でもときどきカラオケで歌います。ヒマワリって前向きになれる花ですよね。いただいた花たちは、事務所の打ち合わせ机の上で、未来を見つめています。

|

おんなとおとこ

 東京都民ではないし、大阪ではずっと以前に太田房江知事が誕生していたのですが、小池百合子東京都知事誕生には感慨を覚えてしまいました。これまで、小池氏のことなど考えたこともなかったのに。

 全てがうまくなど行かないでしょうが、今の日本の女性の代表みたいなもんですから、個性を失わずに頑張ってほしいと、素直に思います。

 2か月ほど前に、同業者とのお酒の席で訴えたのですが、男性の中には、「女性に指示・意見などされたくない」という意識がこびりついている人がいると感じています。また、そうした男性は、自分の中にそんな意識があるなんて、思ってもいないのだろうと見受けられることも特徴です。

 まぁ、本当のところは分かりっこないわけですが、女性の上司というものに、世の男性が慣れるにはまだ一定の時間が必要なんだろうな、と思っています。でも小池さんが、その時間を短縮するのかも知れません。

|

雨靴

 今年、念願の雨靴を購入。近年のゲリラ豪雨に備えました。水たまりも果敢にバシャバシャ踏み込んでいけるように。

 一昨日も、朝の天気予報で昼間急な雷雨があるように言っていたから、雨靴で出勤。でも、小雨がぱらついた程度で、雨靴の威力を実感することがありませんでした。靴の中が蒸れて気持ち悪かっただけです・・・

 本日、朝慌てていたので天気予報チェックをし損ね、明るい空模様を過信してつま先の開いた靴で出てきたら、お昼前から外は「バケツを引っくり返した」状態になっています。何のための雨靴・・・ 外出も控えているというのに。

 ちなみに購入したのは、ハンターのミドル丈のものです。歩くと、筒の入り口がふくらはぎに結構強く当たります。もっと柔らかなゴム素材のものの方が、歩きやすかったかも知れませんし、ゴム長でなくレインシューズの方が、結局は都会暮らしには合っていたかも、と後悔も少し。

|

球春到来

 結構狭量なところがあるので、実は、タイガースの新監督をあまり歓迎していませんでした。「プロパーじゃないやん」ということで。

 でも、オープン戦辺りから、見慣れたユニフォームでもあることだし、すっかり受け入れています。当然のことですが。

 でもでも、今日のラインナップ見たら、知らない名前の多いこと!やっぱり馴染めないなぁ。こちらが十分に情報を取ってないせいなんですが。でもなぁ。上本はどこ?

 自宅で一人暮らしの被保佐人を訪問したら、まぁ道まで届く大音量で高校野球を観戦していました。勝ち抜き戦の高校野球の方が真剣味があって面白いですね、と、意見が合いました。

|

布団乾燥機の実力

年末に、布団乾燥機を買いました。使いやすい物が売れていると耳にしたからです。
喜んで、数日続けて動かしてみたら・・・

買ってから6年経つ掛け布団の羽根布団が、大変元気を取り戻したようで(決して元気がないと感じていたわけではないのですが)、寝ていたら暑く感じるほど。夜中に布団を脱いで、寒いからまた着て、また暑くて脱いで、を繰り返しています。

布団乾燥機の熱風が残っているからかとも思いましたが、数日経ってもそうなので、布団自体が元気を取り戻したものと思っています。まぁ、暖冬の影響も差し引いて考えないといけないかも知れませんが。

ともかく、布団乾燥機は快適です。買って良かった!

|

「その女アレックス」読了

 年末恒例の「このミステリーがすごい」ほか、4冠とか6冠とか言われている「その女アレックス」を読みました。

 そんな暇があったんかい!と、どこかからツッコミを入れられそうですが、うっかり読み始めると、面白いミステリーを止められるはずがありません。

 ネタバレはしませんが、評価は肯けるものでした。犯人は分かっているから、謎解きではないのですが、終盤になると、前半の伏線を探すのにページを繰ってしました。登場人物の魅力、とかではなく、ストーリー立ての勝利でしょうか。わたしにとっては新鮮でした。

 読み初めは、訳文がわたしには合わないなー、と思ったのですが、読んでいるうちに慣れました。そう言えば、少し前に池波正太郎を初めて読んだ時も、「この文体、嫌い」と思いましたが、そのうち慣れましたっけ。「剣客商売」シリーズです。読んでるうちに、登場人物の口調が聞こえてきそうな気がしました。

 年末年始、読むべき資料や業界本は山積みですが、心を飛翔させてくれる娯楽本漬けになってしまいそうですねぇ。

|

ジェルネイルとの相性

 乾燥体質のせいか、爪の縦じまがあんまりにひどくて気になっていたとき、ジェルネイルをお試しで施術してもらえる機会があり、挑戦しました。

 ピンクベージュのグラデーション、という地味そのもののデザインですが、とってもきれいになったので嬉しくなり、それから続けて2回、通しで2か月強、オシャレな指先を楽しみました。

 ところでジェルネイルをはがすときは、電動の道具で粗方削ってから、アセトンという薬剤を浸したコットンを爪に乗せてホイルで巻いて、しばらく置くのです。そうすると、ジェルがペロッと剥がれるという寸法です。もちろん、ネイルサロンできちんと落としてもらったのですが・・・

 そもそも普通のマニキュアを落とすときも、除光液のせいで爪がカラカラになるのに、そんなことしては「ダメよ~、ダメダメッ」に決まってますよね。案の定、爪の白い所がどんどん増えていく「爪甲剥離症」が現れてしまいました!すぐに皮膚科に飛び込みましたが、特効薬はどうやらなさそうな感じ。日にち薬かなぁ、と思っていますが、インターネットで検索すると、長期間悩んでいる人も多い様子です。

 爪があまり強くない、と自覚している人は、ネイルは止めておいた方が良さそうです。皮膚科の女医さんは、「ああいうのは勧めないね~」と言っていました。爪甲剥離症が完治したら、また報告したいと思います。

|

より以前の記事一覧