« 自分で作る物語 | トップページ | 配慮? »

よそ行きの声

 いつもマナーモードにしている携帯電話(スマホではありません)をフッと見てみると、着信がある。知らない携帯電話番号から。留守電メッセージが入っていたので、念のため聞いてみると

「電話出よれへんねん」

「あんたが悪いんちゃ・・・」

「そやから、電話出よれへん・・・」

と、雑音交じりで、しわがれた女性の声と後方に年配の男性の声が残っていました。

 こりゃ、どこかから何かのクレーム電話?身の覚えはないけれど、火消しは最初が肝心!と思い、知らない番号に折り返し架けてみました。

 そうしたら、「Y(店の名前)ですけど、憶えていただいてますか?」と年配女性がよそ行きの声で応答するではありませんか。

 なんと、大阪司法書士会館近くの飲食店の店主でした。要は営業の電話をして来たみたいで、呼び出し音からメッセージ録音に変わったことに気づかず、普段の喋りが録音されてしまったようです。

 もちろん、二度とお電話は結構です、と言いましたが、有りがちなミステイク。楽屋裏の声と表舞台の喋り方と、あんなに違うと、なんて調子のいい人間かと思われます。日頃から、盗み聞きされても恥ずかしくないような話し方をしなくては、と自分に言い聞かせました。

 しかし、実は、事務所にかかった電話にわたしが出ると、それが同業者からだったとき、「えらいよそ行きの声ですね~」としばしば指摘を受けているのです。名乗られた途端、地声で「あ~」と言うもんだから。表裏の落差は、あまり大き過ぎないように注意しましょう♪

« 自分で作る物語 | トップページ | 配慮? »