« 成年後見人と事実行為 | トップページ | ボケるにもTPO »

同時死亡の推定

 民法第32条の2「数人の者が死亡した場合において、そのうちの一人が他の者の死亡後になお生存していたことが明らかでないときは、これらの者は、同時に死亡したものと推定する。」

 この法律の効果として、同時に死亡したと推定された者同士の間には、相続は発生しないことになります。

 もちろん「推定する」ですから、確かな証拠により覆すことはできますが、どちらかが後で死んだとなると相続関係に大きな影響を及ぼすケースもありますので、この推定を覆すには明確な証拠が必要と言われています。

 諸外国では、年長者が先に死亡すると一律に決めている例などもあるようですが、いずれにせよ、何らかのルールがないと同じ事故などで親子や夫婦が死亡した場合に利害が対立する関係者がいて揉めることがあるのでしょう。

 医療技術の発達によって、恣意的に死亡時刻を遅らせることもできるという指摘もあるみたいですが、ともかく死亡の順序は誰が相続人か、そして相続分はどれだけかに大きな影響を与えるのです。ということを、ニュースを見ながら考えていました。

« 成年後見人と事実行為 | トップページ | ボケるにもTPO »