« 失踪宣告申立て | トップページ | 「家庭裁判所における成年後見・財産管理の実務」 »

指定していた遺言執行者が欠けた場合

 相続に関するNPO法人のセミナー開催案内が送られてきた。弁護士名だった。こういう感じでつるむのって、どうも抵抗があるんですが、時代に乗り遅れてますかね?

 遺言で指定されていた執行者が相続開始時に欠けていたら、起こりうるのは、遺言者より先に死亡していたり執行能力を喪失していた場合だと思うのですが、誰が執行するのでしょうか?遺言に、「執行者が欠けた場合には○○が指定する」などの補充規定があればそれに従うのでしょうが。

 執行者の指定がなかったこととなって、相続人の遺産処分権限も復活するのでしょうか?

 それとも、相続人による処分はあくまでも無効であり、指定された執行者が欠けていることを示して、執行者選任申立てをしなくてはならないのでしょうか?相続人の行為の有効性に関わる問題なので、気になります。

« 失踪宣告申立て | トップページ | 「家庭裁判所における成年後見・財産管理の実務」 »