« プチ切れ | トップページ | ルンバのいる生活 »

メリークリスマスです♪

 この頃の寒さをクリスマス寒波って言うんですってね。空を見上げれば、南の方では風花が飛んでいそう 冬らしい冷え込みです。今日はクリスマスなので、モツ鍋。「なんでやねん」をお待ちしています

 先ほど年賀状を投函しに行ったら、やたらとスズメの鳴き声がするのですが、一向に姿が見えません。不思議に思って帰りしにもう一度きょろきょろしたら、建物の壁に上下10センチ間隔くらいで張り出している桟みたいな隙間に、大勢が身を潜めていたのです。ちょっと絵が思い浮かびにくい説明ですが、ともかく、寒さを凌いでいたのでしょう。野生動物として生きることの過酷さを身近に見た思いです。

 さて、随分と前に、「遺言執行者の本人確認」http://homik.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-df6f.html を書きましたが、どうやらその後経験者が現れて、わたしやテリー同業者が考えたとおり遺言執行者の本人確認で足りたようです。

 ふむ、良かったです。

 11月に大阪司法書士会家族法研究会の発表会で、遺言についての簡単なパネルディスカッションをしました。コーディネーターとして「報酬を受領するに足る遺言作成の援助とは何か?」という問題提起をし、学者も交えて意見交換をしたのですが、なかなか興味深くてもっと掘り下げたいと思ったほどでした。

 先日、遺言で死亡退職金の受取人を指定したい、という話を小耳に挟みました。えっ?死亡退職金って相続財産ではないような・・・・と調べ直してみたら、やはり法律(国家公務員共済組合法など)や規定に従って支払われる場合は、受給権者の固有の財産であって相続財産ではない、というのが基本的な考え方です。

 っということは、死亡退職金の受取人指定の遺言をしていたとしても、相続財産ではないものについての処分なので、その部分は無効になると考えるべきなのでしょうねぇ。

« プチ切れ | トップページ | ルンバのいる生活 »