« 司法修習資金貸与制 | トップページ | 桃とピリオド »

憧れの印税生活

 原稿(正確には改訂版原稿)の依頼があり、本日納品しました。また、いくばくかの印税が頂けるのかしら?先日も「ちょっこし」別件でいただき、憧れの印税生活へ着々と邁進しています。

 よっぽどの少食でなければ、多分アリエッティくらいの体格でなければ、この印税だけで口を糊することはできませんが

 しかし、つたない文章でもいざ書くとなると色々勉強になります。

 本年4月に保険法が施行され、これまで商法の中で規定されていた保険が一つの法律として独立しました。その中で、保険金受取人を遺言で変更できると定められたのです。保険法44条と73条です。但し、保険会社はその旨を知る由もないので、遺言の効力が生じたら相続人が保険会社に通知をしなければ、保険会社が元々定められていた受取人に支払っても文句を言えない、ということになっています。当然ですね。現実には、相続人が必ずしも通知してくれるとは限らないので、ちゃんと執行者を定めておいて、執行者は速やかに保険会社に通知すべきでしょう。

« 司法修習資金貸与制 | トップページ | 桃とピリオド »