« 基礎講座へ進む | トップページ | IE8 »

連碁

 入門講座の最終日、連碁というものをしました。講師対受講生全員です。受講生は順番に打っていくのですが、頭の中を覗かれるようで恥ずかしいものですね。9路盤のハンディ戦でした。受講生は5目貰っていて、15目勝ちでした。

 後から全てを検証したのですが、わたしの最初の一手を「立派な手です」と言ってもらえたので嬉しかった 二回目に回ってきた時の手は、後で失敗したなぁと悔いていたのですが、それも一応OKだったようです。基本女性に優しいみたいなので、あんまり真に受けてもいられませんが。

 最後に、これからの勉強方法として、NHKの対局番組をイメージトレーニングで観るのも良いと仰っていて、えー!あれで良かったんだ!とまたまた嬉しくなりました 基礎講座に進むにあたり、意欲満々になってしまいました。

 チェスの世界チャンピョンはパソコンに負けたそうですが、囲碁はまだコンピューターも追い着いていないそうです。奥の深さの証左のようです。日ごろ使う言葉に実は囲碁用語がたくさんあることにも気づいて、何かと面白いですー。

« 基礎講座へ進む | トップページ | IE8 »