« 太王四神記 | トップページ | ワークシェアリング »

遺留分放棄の証明書???

 遺留分を事前放棄できることは前にも書きました。民法1043条です。

 共同相続人が「遺留分を放棄した」と言っているけれど、本当かどうかはどうやって確かめるのか?ということが、昨日急に気になったので、調べてみました。例えば、存命中の父親を被相続人として、姉が「遺留分を放棄した」と言っているが、弟はそれをどうやって確認するのか?ということです。遺留分放棄の許可申し立ての際に、被相続人である父親には家庭裁判所から照会書が送付されるので、父親には姉がそのような手続きをしたことは分かります。でも実際に許可の決定が下されたかどうかは、姉にしか通知されないのです。

 父親が、全ての財産を弟に相続させる旨の遺言を書いていて、父親が亡くなった時に弟はその通り手続きをしたけれど、姉から遺留分減殺請求を受けた。弟は「オヤジからお姉ちゃんは遺留分放棄したって聞いてるけど」としか言えないのでしょうか?

 書籍を見ても埒が明かなかったので、家裁に電話で聞いてみました。すると、どうやら手立てはないようです。相続放棄(民法938条)の場合には、今の設定でいえば、弟は姉が相続放棄したかどうかを家庭裁判所に照会できるのですが。あと考えられる方法は弁護士会照会(弁護士法23条の2)でしょうか?となると弟が弁護士に依頼することが前提になりますねー。

« 太王四神記 | トップページ | ワークシェアリング »