« 負担付遺贈の依頼 | トップページ | 遺言と成年後見説明会 »

相続を放棄するとは

 何年も前、父が「母さんはおじいちゃんの相続を放棄したから、ナントカカントカ」と言ってましたが、私から見れば相続放棄なんかしていません。民法938条で「相続の放棄をしようとする者は、その旨を家庭裁判所に申述しなければならない」と規定されています。家裁に申述書を提出して初めて「相続放棄」なのです。ちなみに、相続放棄をすると「初めから相続人とならなかったものとみなす」(民法939条)ことになっており、プラス財産を貰わないしマイナス財産も引き受けません。相続放棄は「自己のために相続開始があったことを知った時から3箇月以内にしなくてはならない」(民法915条)と定められており、これを熟慮期間と呼び、熟慮期間をいつから算定するかというと、被相続人死亡の時からならもちろん間違いはありませんが、被相続人の死後3カ月以上経っていても『債務があることを知った時から』3箇月以内ということで申述を受け付けられる場合があります。

 一般には、他の相続人が相続財産を受け継ぐことに同意し、自分は何ももらわなくても異議がない、という意思表示のことを「相続を放棄した」と言っておられるような気がします。父もそのことを指していたのでしょう。これは民法上の用語で言うと「遺産分割した」のです。自分の取り分はゼロ、という内容で。相続の相談に来られた方が「相続を放棄した」と仰ると、家裁での手続きが終わっているのか、と勘違いしてしまうので、聞く立場としては確認することが必要です。本当に相続放棄したのなら相続人ではありませんが、遺産分割しただけならまだ相続人だからです。

« 負担付遺贈の依頼 | トップページ | 遺言と成年後見説明会 »