« セ・リーグ開幕 | トップページ | たかが党首選 »

司法書士法違反

今朝のインターネットニュースで、愛知の行政書士が司法書士ではないのに有限会社の登記申請書を作成し、依頼者から報酬を受け取り逮捕されたと報じていた。私たちの言うところの「非司」です。puっちゃんのご家族からの情報でした。

司法書士と行政書士は名前が似ているので、世間一般に混同されやすいようですが、その依頼者が会社登記は行政書士の業務であると誤解していたとしたら、やはり困ったもんですね。司法書士業界の制度広報の努力が足りないと、いつも腹立たしく思っています。司法書士は、弁護士や税理士、行政書士に比べて数が少ないので、これまで貧する危機感が足りなかったのだろうと想像していますが、加速する規制緩和の波にのみこまれてしまうぞぅ。もちろん資格エゴではいけませんが、培ってきたスキルを正しく評価されたいじゃないですか、ねぇ。

« セ・リーグ開幕 | トップページ | たかが党首選 »